TOP

風俗の動向や最新の体験談をお届け

大久保のMでエロエロマッサージ!

性感マッサージのメッカと言えば大久保だ。ここはもともと色んな人間が多く集まってくるカオスな街なので、性感エステを格安で受けたい男たちの欲望と、短期的に金をサックリ稼ぎたいという供給がうまくマッチしている大人の遊園地なのだ。早速大久保の中でも随一と呼び名の高いMに行った。Mは詳細をここで語ることは出来ないが「特殊サービス中の特殊サービス」で有名だ。とりあえず16000円を払う。シャワーを浴びるとベッドにうつ伏せになる。施術してくれる女の子は20前半といったところだろうか。しっかりと背中から足にかけて押してくれる。あまりうまい方ではないが懸命にやってくれるところが健気だ。マッサージが終わるとオイルで背中を撫でまわしてくれる。腿から内股へ手が伸びる。股間の周りを執拗に刺激してくるのであっという間に◯◯はビンビン。女の子もそれを察したのか手が◯◯へ伸びる。仰向けなるよう促されるとなんと女の子が上に跨ってきた。オイルがいい具合に性感を刺激してくれる。そのまま上下に腰を動かされ、身動きのできない俺はあえなく天国に行ってしまった。シャワーを浴びてにこやかに退店。入れ違いに他のお爺さんがやってきた。Mの夜は長そうだ。

必殺の三点攻めでノックアウト

今ではあまり行かなくなりましたが30代の若い頃は会社の同僚や友人らと飲んだ後はピンサロへ行くのがお決まりのコースでした。 その頃は自分が快感を得るよりもどうやって女の子をイカせるかという点になぜかしら執着していたのを思い出します。 ところがテーブルに案内されて一通り自己紹介が終わっていざ女の子のパンティーに手を突っ込むと、今日はちょっと痛いから中に指を入れないでね、なんて言われてちょっとしらけムードになることもしばしばでした。 そんなときに編み出したのが三点攻めです。 キスをしながら背中に回した手で乳首を攻め、空いた方の手でクリちゃんを刺激するのですが私の経験上この三点攻めを食らうとたいていの女の子は快感でヘロヘロになってしまいます。 嫌がっていたのに指を中に入れてとか、おねだりされることもしょっちゅうでした。 しかし相手を歓ばせようとし過ぎるあまり時間切れとなって自分は悶々としたままだったり、快感に浸る女の子を見ていたら触られてもいないのに発射してしまったりと失敗も多くありました。

石川で超コスパの性感マッサージに大満足!

久々に実家の石川県に帰省した俺は地元の性感マッサージ店も気になってネットで調べてみた。すると1件あるではないか。名前をGという。現地に着くとどうみてもマンションの一室でやってるのかやっていないのか分からない。インターホンを押すと「何か御用ですか」と聞いてきたので「マッサージに来たのですが」と答えた。すると扉の外で少し待つように言われ3分くらいして扉があいた。これは家の中を片づけていたパターンだ。まあ俺としては性感マッサージを石川という辺鄙なところでも受けられればなんでもいい。幾らか尋ねると1万円ポッキリだというので早速施術を受けることに。どうみてもマンションの風呂のようなところでシャワーを浴び、3畳くらいのベッドがある部屋に通された。裸の状態でタオルを上からかぶせられマッサージを受ける。意外とテクニックはある。以前どこかのマッサージ屋で働いていたタイプだろう。残り30分くらいになったところで揉む手が下半身に移行していく。腿から内股、内股からゴールデンの付け根、そして…前後運動ではなく先頭と裏をオイルをつけてコロコロと転がしてくる。ヤバいヤバイ…とただ俺には声をあげるしかできない。外のオイルだか俺自身から分泌されるオイルだかわからなくなってきたところでようやく運動開始。散々刺激を受けていた俺は耐えられる猶予など残っていなかった。はっきりいって1万円でこれなら東京に出ればそこそこ繁盛出来ること間違いなしである。施術後オーナーにそのことを言うと石川に愛着があるからとの返事。まあ全国各地でこういう高いクオリティの性感エステが味わえるのも悪くはないか。